読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハート流布少年の備忘録

良いと思ったことや作品を「いいね!」と言うためのブログ

聖地ポーカーズ舞台『Dice or Scythe』感想(取り急ぎver.)

演劇

『聖地ポーカーズVol.02 Dice or Scythe』、略してdosの8月5日の公演を観劇して参りました。

簡潔に申しますと、観劇後、胸の内に恋しさとせつなさと心強さが渦巻いて、ブログ書きたい書きたいモードになってしまいましたよ。

ただ、まだ公演期間中ですので取り急ぎバージョンとして、あまりネタバレのないような書き方で一旦自分の感情を吐き出させていただきます。(全ての公演が終わってから、ネタバレ全開のも書きたいな)

「俺は私は僕は何一つ情報を入れないまま、まっさらな状態で観に行きたい!」という方は『続きを読む』をクリックせず、ブラウザをそっと閉じてくださいね。

 

 

公式サイトURLはこちら↓

聖地ポーカーズ「Dice or Scythe」

 

 

以下、感想

 

強く思ったことを箇条書きで書き殴っていきまーす

 

・おっさんと幼女、もしくは青年と少女などの年の差があるコンビに萌える傾向がある方に是非オススメしたい。*1 

少なくとも私の性癖にはテキサーーーースホームラーーーーーーーンしました。恋愛の要素もあまりない、と言うよりは恋愛とかそういうもんを超えた信頼関係をキャラたちが築いていくので、こじらせたお兄さんお姉さんも安心して見られるかと。たぶん。

 

・キャラとキャラの関係性に燃えるし萌えるぞって人は観たら燃え尽きんじゃね?って感じ。実際、私は観劇後にラゾーナ川崎上空を飛び回りながら自身の胸に膨らむこの感情を大声で吐き出したいという欲に駆られました。

 

・采子とかっこいいおじさんたち、キレーなお姉さんたちとの絡みが最高に最高でした。語彙力は魂ごと刈り取られてしまったので、今はもう最高しか言えません。ありがとうございました。

 

・観劇後、私は完全に采子ちゃんのファンになりました。采子役の早乙女ゆうさんのまっすぐな演技も相まって、キャラクタの魅力が溢れています。女は度胸。

 

・采子ちゃんだけではなく、全ての登場人物に良いところ(好きになれるところ)が必ずあって、役者さんたちのキャラクタへの愛が感じられました。素敵なお芝居をありがとうございます。

 

・黒スーツ最高だな、黒スーツ。

 

・2016年1月の『聖地ポーカーズVol.01 HOLD THEM』を観ていない方もご安心を。続編ではありません。ただ、事前にHOLD THEMを観ておくと、ライアーダイスのルールがすっと入りやすいように感じました。(ライアーダイスはテキサスホールデムよりもシンプルなルールらしいです。共通する用語が出てくる出てくる)

戦局がどうなっているのか、わかりやすくなるような演出も施されており、とってもハラハラドキドキ。

 

dosはひたすらペア感を楽しめる。たぶん演者の皆さんもコンビとして動くシーンを楽しんで演じていると思う。

 

・伏線もしっかりあります。ありがとうございます。私は出てきた伏線を回収して使い切ってくれる作品を観ると興奮してしまうのです。オープニングからもう一回しっかり観たいぞ。

 

・先月観た「TOO YOUNG TO DIE 若くして死ぬ」のレビューをちゃんと書かないといけないなとそんなことを思い出してしまった。

そう、この作品は輪廻転生がキーワードの一つとなっています。転生ものが好きな方もとても楽しめると思う。

 

・主演ダブルキャストを上手く使っている。この作品には伊藤裕一さん主演のRouge、緑川睦さん主演のNoirと2パターンの公演があるのですが、私はRougeもNoirもどっちも一回ずつは観ないと意味がないと思いました。ついでに言うと楽日のチケットをマチソワ両方取れている方はとても贅沢な観劇ができそうですよ。

ので、時間とお金が許す限り、RougeとNoir、二つとも観劇されることをお勧めします。公演日程に関しては公式サイトのこちらのページをチェックしてくださいまし。

dos.seichipokers.com

 

 

……だいたい書き殴れたかと思います。

 

これ以外にも各キャラがどうだったーとか、この展開熱かったーとかもっともっと書きたい!!のですが、ネタバレになってしまうので今回はこのへんで。

『Dice or Scythe』は2016年8月5日〜8月11日までラゾーナ川崎プラザソルで公演しています。当日券もあるそうですので、ぜひぜひ劇場まで足を運んでみてください。

 

 

あと最後に一言だけ。

 

 ゲロインは、至高。*2

 

 

8/14追記

取り急いでないver.できました。

ネタバレ、全開。

 

alter-74.hatenablog.com

 

 

 

 

 

 

 

*1:歳の差とか青年少女とかの詳細はこちら

dic.pixiv.net

dic.pixiv.net

*2:ゲロインとは、(広義では)作中で吐く描写があるキャラクタのことを指す。週刊少年ジャンプ掲載作品で言えば、神楽(銀魂)、井上織姫BLEACH)、麗日お茶子(僕のヒーローアカデミア)、うちはサスケNARUTO)等が例として挙げられる。

dic.pixiv.net